ストラッシュの解約方法は?手数料や返金までの期間について説明!

「契約しても通ってみて自分に合わなかったらどうしよう……」という不安、ありますよね。そんな人のために、今回はストラッシュの解約方法について説明します。必要な手数料や返金までかかる期間についても説明するので、参考にしてくださいね。

こんな事情があった!解約の主な理由

解約する理由は人によって様々ですが、主な理由として下記のものが挙げられます。

  • 引越しや海外転勤・留学で長期間通えない
  • 脱毛効果が低い
  • 体調が整わず通う意欲がなくなった
  • 妊娠した

引越しや海外転勤・留学

ストラッシュは全国に展開中ですが引越し先によっては店舗が遠く、通うことが難しくなる場合もありますよね。転勤や留学で海外に行く場合、長期間通えなくなるので解約することもあります。

脱毛効果が低い

通ってみたものの脱毛効果が低いと感じて解約・他サロンへの乗り換えを検討する人もいます。
ストラッシュの採用しているSHR脱毛方式は、従来の脱毛方式と違って毛根を焼きません。ポロポロと抜け落ちないので効果を実感しにくいのも事実です。最初は「脱毛効果が低い」と感じてしまうかもしれませんが、回数を重ねるうちに効果を実感できることもありますよ。

妊娠した

妊娠をするとホルモンバランスが乱れて、効果が正常に現れにくくなっています。それだけではなく肌も通常時より敏感になるので、施術による肌荒れのおそれがあるのです。
ストラッシュは手続きをすれば脱毛期間を延長してくれる制度があります。妊娠がわかったらまずは通っている店舗・コールセンターへ問い合わせてみましょう。
妊娠の有無に限らず、光脱毛は次の施術まで長期間空けると生えてくることがあります。その他にホルモンバランスの影響でムダ毛が濃くなる場合もありますので、妊娠の予定がある人は妊娠によるムダ毛の影響について、カウンセリングで問い合わせてみるといいでしょう。

自動解約に注意!長期間通えない場合はまず相談

ストラッシュでは8ヶ月施術の予約を入れないと自動解約されてしまいます。長期間通えなくなったらまず店舗やコールセンターに連絡しましょう。

ストラッシュの解約の流れ 必要な物やクーリングオフについて

ここからは解約の具体的な手順を見ていきましょう。解約手続きの際に必要な物や、ローンやクレジットで支払った際の解約方法についても説明します。また、クーリングオフについても併せて紹介するので、確認してみてくださいね。それでは早速見ていきましょう。

契約して8日以内ならクーリングオフが使える場合も

 以下の条件に当てはまればクーリングオフ制度が使用できます。

  • 契約日から8日以内(8日目の消印まで有効)
  • 契約金額が総額5万円以上
  • 契約期間が1ヶ月以上

クーリングオフが適用されれば、支払った金額は全額返金されます。これなら断れず契約してしまった場合でも安心ですよね。
クーリングオフの手続きは、8日以内に通知書を作成(書式はハガキでOK)し、ストラッシュに郵送するだけ。指定口座に返金されれば手続きは完了です。通知書を作成したら念のためコピーをとって家に保管し、郵送する際は「特定記録郵便」「簡易書留」「内容証明」のいずれかを利用しましょう。

解約の手順

ストラッシュでの解約の流れを簡潔に書くと以下の通りです。

  • ①コールセンターに電話する
  • ②解約の日程を決める
  • ③店舗で解約手続き
  • ④1〜2週間後に指定口座へ返金(ローンの場合はもう少しかかる)

ストラッシュは書類郵送ではなく、店舗へ行って直接手続きをする必要があります。「勧誘や引き止めはないの? 大丈夫?」と不安になるかもしれません。しかしストラッシュは無理な勧誘や引き止めはないので安心してください。解約理由くらいは聞かれるかもしれませんが、今後の営業の参考程度に聞かれるだけです。素直に理由を言っても大丈夫ですよ。

解約手続きには何が必要? 当日持っていくべき3つの物

店舗で解約手続きをする際には以下のものが必要になります。

  • ①印鑑
  • ②身分証明書
  • ③口座情報がわかるもの(通帳・キャッシュカード)

①の身分証明書には運転免許証や健康保険証、年金手帳をもっていきましょう。場合によっては顔写真を確認されることもあるので、なるべく顔写真の入っている身分証が望ましいです。

ローン契約やクレジットカードの場合、解約方法は?

ローン契約やクレジットカードで支払った場合も解約方法は同じで、返金もしっかりされるので安心です。ただし現金一括の場合と違って、返金まで少し時間がかかります。

解約できるのはパックプランだけ!月額制プランは注意

ストラッシュには月額制・パックプラン・都度払いの3つのプランがあります。解約の際に気をつけたいのは、返金保障があるのは回数制パックプランのみということです。
都度払いは施術の度に支払うので解約が必要ありませんよね。
次に月額制プランですが、毎月7,980円(税抜)を支払う脱毛プランです。こちらも辞めたい時に辞められるプランですが、辞める1ヶ月前に連絡をしておかないと、翌月も継続とみなされて7,980円(税抜)を支払わなければいけません。連絡のタイミングなどに気をつけましょう。

返金額はいくら? 口座返金の期間はどれくらい? その他解約手数料などについても解説

ここからはストラッシュで解約手続きをした際、どのくらいで返金されるのか、返金額がどのくらいなのか、支払う解約手数料などについて説明します。早速見ていきましょう。

返金はどのくらいの日数がかかるの?

店舗で解約手続きをとれば、およそ1〜2週間で返金されます。ただしこれは現金で支払った場合のみです。ローンやクレジットカードで支払っている場合はもう少しかかるので注意しましょう。
また、ストラッシュとは別にローン会社などとの解約手数料が発生する場合もあります。契約しているローン会社やクレジット会社に問い合わせましょう。

返金されるのはいくら? 解約手数料は?

解約後に返金されるのは、残り回数の金額から解約手数料10%を差し引いた金額です。
以下のような計算式になります。

契約金額−{(一回分の脱毛料金×利用回数)+解約手数料}=返金額
解約手数料は未使用残高の10%(上限2万円)

例えば6回パックを契約して2回施術済みの場合は、残り4回分の金額から10%を差し引いた金額となります。具体的に見てみましょう。

【2回施術した場合】
6回パックの料金:95,760円
1回分の脱毛料金:95,760÷6=15,960円
施術した分の料金:15,960×2=31,920円
解約手数料:(95,760ー31,920)×10%=6,384円
解約手数料の上限2万円以内なので、上記の金額が手数料として適用されます。
返金額:95,760−(31,920+6,384)=57,456円

これらの金額から口座振込額の数百円が差し引かれ、口座に反映されます。

1回も施術を受けていなくても解約手数料を取られるの?

ストラッシュでは1回も施術を受けていなかったとしても、解約手数料を取られてしまいます。6回パックなら9,576円が解約手数料になります。契約から8日以内であればクーリングオフが適用されるので、そちらを利用しましょう。手数料は取られず全額返金されます。

返金には期間や回数制限があるので注意!

ストラッシュの返金には保証制限があります。保証期間を過ぎてしまうと解約しても返金されなくなってしまうので注意しましょう。
以下は回数ごとに定められた返金保証期間です。

  • 6回:10ヶ月
  • 12回:1年
  • 18回:2年
  • 無制限:5年(施術回数が5回以内)

無制限プランは施術回数が6回を超えると返金されません。つまり1年目であっても6回施術した段階で返金されなくなってしまうので注意しましょう。

ストラッシュの解約方法は意外と簡単!

ここまで解約の方法と返金について紹介しましたが、思いのほか手続きは簡単ですよね。返金の保証期間や回数制限が定められているので、その期間内かつ回数を満たさないうちに解約すれば、きちんとお金は返ってきます。
やむを得ない事情で通えなくなる場合は期間を延長してくれることもあるので、もし暫くしたらまた通いたいという人は店舗へ相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です